美容クリニックなら格段キレイ!【初めていぼの切除】

目立てば取るのが基本です

医者と看護師

どのクリニックで受けるか

いぼは身体のどこにでも発生する可能性があります。治療の基本は切除で肉眼的に確認できるものは、丁寧に取り除くことです。しかし原因に応じて経過に特徴が見られます。必ずしも単純に外科的に取り除くことが満足できる結果につながらない可能性があります。そこでいぼの原因とその特徴について御紹介しましょう。手足にできるものは「尋常性ゆうぜい」と呼ばれるものでウイルス感染が原因です。ウイルスの飛散が患部拡大につながるので、液体窒素を使用し切らない方向での治療がメインになります。加齢に伴い顔や首に目立つようになるのは「老人性ゆうぜい」。時には悪性化の可能性もあるのでメスで切除するのが基本です。首や脇などで中高年以降の年代に多いのが「スキンタッグ」です。繊維腫と呼ばれる良性腫瘍ですが放置すると広がるので小さなメスで取り除きます。子供に多い水いぼは小さな塊(結節)になり、中央がくぼんでいるのが特徴です。拡大する傾向があるので、専用のピンセットでひとつずつ摘み取るようにして取り除くのが一般的です。いぼの切除をすることができるのは、一般皮膚科と美容クリニックのいずれかになります。どちらを選択するのかは患者さん自身の判断になりますが、一番の大きな違いは公的保険の適用を受けることのできる治療がメインになるか否かにあります。一般皮膚科ではあくまで「病気の治療」がメインになるので、治療後の審美的な仕上りはあまり留意されない可能性があります。ただしいぼは病態を観察すれば大体の原因は特定できるので、少なくとも治療効果については満足できる結果を得ることができます。これに引き替え美容クリニックでは、公的保険の適用を受けることは困難ですがこれはメリットにもなっています。なぜなら切除などの一般的に従来からおこなわれている治療だけでなくレーザー治療などの先進的な治療の選択肢も用意されているからです。特にメスによる切開を加えることに心理的抵抗感につながっている方では、治療へのハードルも低くなります。他方で美容クリニックでは自由診療になるので、費用は高くなる傾向があります。