美容クリニックなら格段キレイ!【初めていぼの切除】

再発防止に有効

カウンセリング

早めに行動

いぼは身体のさまざまな部位にできる良性のできもので、ウイルスが原因で発生します。ウイルスが原因であることから、そのままにしておくと次第に大きくなっていき、できた部位によっては日常生活に影響を与えることもあります。また、非常に感染しやすい特徴があるので、ウイルスが付着した手で身体を触れ、そこに傷などがあればウイルスが侵入して新たにいぼを形成します。そのため、見つけた場合には早めに治療することが大事です。治療の方法には液体窒素を使用する方法が一般的に知られています。ただ、液体窒素を使用する場合、複数回の治療が必要になります。また、再発の可能性があります。それらを解決した治療方法が直接切除するものです。いぼは身体の奥深くまで侵入することがあります。切除する方法であれば、ウイルスが侵入した深さに合わせて取り除くことができるので、再発を防ぐことができます。切除することからどうしても傷ができます。切除したあとに傷を目立たないようにするためのケアが重要となります。いぼは皮膚の老化によって起こる老人性疣贅と、ウイルスが原因でできるものがあります。老人性疣贅については良性のものであることから基本的にそのままにしておいても問題はありません。しかしながら、稀に皮膚がんの症状であることも考えられるので検査をすることもあります。癌であれば切除することになります。ウイルスが原因でできるいぼとして、尋常性疣贅が挙げられます。ヒトパピローマウイルスなどが原因で発生します。ウイルスの種類はたくさんあり、数百種類にのぼります。また、伝染性軟属腫もあります。これは一般的にミズイボと呼ばれているものです。これらのウイルスが原因であるものは感染の可能性があることから治療が必要です。尋常性疣贅の場合、皮膚の傷口から侵入して皮膚の奥深くまで入り込んで増殖します。つまり、表面だけ治療しても効果はないことになります。入り込んだウイルスを取り除くために切除する方法が効果的です。また、時間の経過とともに、どんどん増殖することから、早めに対応することが望まれます。